Thursday, October 18th, 2018

我が家の猫日記

2

私の母と祖母と姉達は本当に猫好きでして(父は犬好き)、歴代色んな猫を飼っていたのですが。



この子。名前はハナ(♀)。
どこぞの雑貨屋さんから貰い受けたんだったような。
私が中学生の頃から居たかわいこちゃんです。

残念ながら2009年7月13日16時半頃家の近くの道路で車にひかれて亡くなってしまいました。

享年18歳と本当に長生きしてくれたとは思いますが、もっと長生きして欲しかったなと今でも思います。
あんまり愛想の無い猫で、膝に乗ったのは一生で2回ほど。寝るときはたまに布団の中に入ってきたりして可愛い所もあり、憎めない頭の良い皆に可愛がられた猫でした。
私も溺愛してたので本当に落ち込みました。


当時の絵日記は→
締め切り前の修羅場だったのに落ち込んで作業スピードが落ちまくったのは苦い思い出。
あの時、話を聞いて数日お休み下さった雇い主様には未だに感謝してますです。

18年も一緒に居たハナの存在はあまりにも大きくて大きくて。
猫好きの家とは言えすぐ次の猫を飼う気力も無く なんだかんだでハナの死から一年過ぎた2010年8月7日。

母か突然

キジトラ飼う!

と言い放ち、新聞に掲載されていた里親募集の連絡先に電話した所、ものの1時間で我が家に来ました。
 その名も「チー(♂)」さん。
どうやら甥っ子達に見せていた 「チーズスイートホーム」を見てたらたまらんくなった様子。
あれは確かにたまらんね、気持ちはわかる。アニメもいいけど漫画はもっといいぞ!

それにしても久しぶりの子猫もたまらん!
少し過剰な怯えっぷりがきになったものの、なんとか多少馴染んでくれて遊びまわるように。

大きくなっても多少神経質で餌を帰ると食べなくなったり、知らない人からは逃げたりするものの、良く食べ良く遊ぶのでもうそりゃ大きくなりました。
どーんっと。なんだこのポーズ。\どやぁ!/とか言いそうな態度ですな。

こんなポーズもしてみたり。かわいい。

そんなこんなで、身体も大きくなったと言う事で去勢手術。
猫に限らずかも知れないんですが、去勢後ってなんかでかくなるんですよね。

で。2010年12月18日手術しました。

チーも例に漏れず
こんな感じに。

ドーン!
でかい!
体重は6kg。
祖母が抱えて動けない程度に重い子でした。(当時の絵日記はこちら

そして
チーを飼って11ヶ月経った2011年7月8日。
チーはたまに胃腸の調子を悪くする子で、医者にかかった時に
母が里親募集の張り紙をその動物病院で見つけたらしくなんと二匹目
新しい子が来ました!
ミルクをよく飲むので祖母がつけました。その名も「ミル(♀)」さん!

あまり物怖じをしないタイプの子だったので、先住猫のチーにも怯えず
数日後にはこんな感じに。 猫同士が仲がいいのは見ててタマランです。
顔が思わずほころびますなぁ ウフフフフ
数ヵ月後には

こんな感じに。

ミルが寒がりなのも手伝ってか
常に一緒に居る二匹。

この頃から前から調子が悪かったチーの胃腸の調子が悪化。
連日医者に連れて行って調べてもらい、注射を打って食欲が回復するも、飲み薬は効かず悪化の一途をたどるばかり。

私も仕事が忙しく、3ヶ月休み無しと言うハードスケジュールをこなしており、家に帰ってもチーと一緒に居られる時間がありませんでした。

そんな最中
母と一緒のベッドに寝たまま帰らぬ猫となりました・・・。
享年1歳と2ヶ月。
早い・・・・早すぎる。

もっと一緒に居たかったと悔やむばかりです。
母はかなり落ち込んでいましたが、最期一緒に居れたのは良かったことだと思うよと励ましつつ、私は忙しさも手伝ってあまり悲しんでいられなかったし、ハナちゃんが天国で遊んでくれると思ってその時期はなんとか乗り越えました。

それから、ミルは1匹になったのが寂しいのか、少し甘えるようになったり、寒がりが悪化して服を着るようになりました。

そんな寒がりのミルさんも体が大きくなり、2012年02月29日ついに避妊手術。

割烹着みたいな姿で帰ってきました。

手術後は、よっぽど病院が怖かったのか甘えん坊さんがもっと甘えんぼさんになり、常に膝に乗ってるような子になりました。
来客にはそりゃもう大サービスの大人気。うちの猫にしては本当に珍しく膝に乗る猫なので、家族は鳴き声が煩いとか言いつつなんだかんだで嬉しそう。

かく言う私ももうメロメロ。椅子に私が座るとすかさず膝に乗ってくるなんてなんてサービス・・・!
家に帰るのが本当毎度楽しみになりました。

そんなこんなで、猫ライフを楽しんでいたのですが、どうもミルさんは母が出かけると寂しそうにするそうで
元々多頭飼いだったのに1匹になったのがあかんかったのかねえなどと言っていたら。

また母が

キジトラ飼いたい!と言い始めました。

丁度ツイッターでキジトラの里親募集があったので、応募してみたんですが、先客がいたようで、その時は断念。
まめに新聞で里親募集をチェックしては、キジトラを捜す母を見て、私も本気でネットで検索してみた所。

よさ気な里親サイト発見!
いつでも里親募集」と言うサイトで、かなり情報が豊富。

愛知県内、キジトラ、オス、子猫と条件を絞っても選べるくらい里親募集記事が。
記事が多いと言うことは、それだけ捨てられたりしているペットが多いって事だからあまり喜ばしいことではないんですが・・・。

とりあえず我が家には朗報。
条件に合うものをピックアップして母にチョイスしてもらい、里親募集さんにアクセスして2012年6月10日面接してきました・・・!

そしてそして

 

来ました!!!!

 

二代目「チー(♂)」さんです!!! 
写真見ていただいてわかりますかね。
肩乗り猫です

こんなサイズで擦り寄られたら腰ぬけますよ・・・・!
もう、里親募集さんのおうちで会った時から肩に乗るわゴロゴロだわスリスリだわ。



もうね、たまらんですよ。チーをも超える甘え猫っぷり!!!!!!
こんな猫いるんだな・・・。本当ビックリしました。

んでもって
怒ったトコ見たことないミルですが、突然の子猫にビビッて近寄ってこない。
でも喧嘩するほどでもない感じ。
チーさんは初日はウー!とか言ってたもののあまり動ぜず。

三日もたったら


もうこんな感じでした。

先代チーさんと一緒に寝てた箱で寝てるのが印象的ですな・・・。

まだちょっとだけミルがおっかなびっくりだったり、ミルがチー舐めすぎて、チーがギャーって言ってたりしますが、超ほほえましいです。

最近はこんな感じで猫で思い出し(・∀・)ニヤニヤな毎日です。

という猫自慢日記でした。長文失礼&羨ましいだろ!ゲヘヘヘヘヘヘヘ!

Comments

2 Responses to “我が家の猫日記”

  1. キントキ より:

    あああああん、も・だ・え・る☆

Speak Your Mind

Tell us what you're thinking...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!